次の旅行のご予定はお決まりですか?
「30分限定ラジオ観光大使」パーソナリティの田邉邦昭です。

5月14日の放送はかかしの古里、共和町をご紹介します。

小樽から向かうと倶知安町や蘭越町の手前に位置する共和町。

秋にSLニセコ号が走っていた頃の旅を思い浮かべると、このエリアへのはなかなかの時間を要すと思いがちですが、実は共和町は小樽から遠過ぎず近過ぎずという場所で、高速いわない号を使うと1時間足らずで到着します。

バスの車窓からは共和町に入るときに見るカントリーサインはかかし。

町内にはかかしの形をした街灯もあります。

今回は一般的な町での郷土資料館にあたる「かかし古里館」を管理する共和町教育委員会の方にインタビューをしてきました。

共和町はドライブで行くなら神仙沼が特にお勧めですが、今回は公共交通で巡る共和町のお勧めスポットをご紹介します。
共和町の詳しい魅力は5月14日(日)の午後5時からの放送で詳しくお伝えします。

どうぞお楽しみに!!