北一硝子まごころお届けラジオ便 12月15日放送〈北一硝子のクリスマスとお正月〉

Merry Christmas!
 

12月25日はクリスマス。
大切な恋人や仲良しの友人、いつも支えてくれる家族と過ごす、心はずむ特別な日。
11月28日のアドベントから一ヶ月は、今年一年の感謝と新しい年を迎えられる喜びに包まれます。
美味しいごちそうやプレゼントのことを考えて、ついそわそわしてしまいますね。

通信販売サイト「北一硝子まごころお届け便」では、ゴールドやクリアでまとめた上品なクリスマスコーディネート、そして今年一年の「ありがとう」を贈るクリスマスギフトをご紹介しています。

大切な人たちへの感謝の気持ちを忘れずに日々を送りたいと思える。そんなクリスマスが、今年もやって来ます。

年に一度の特別を、思いっきり味わいましょう。

\商品一覧はこちらから/

***************************
 

2022年 干支「壬寅(みずのえ・とら)」
 

「壬(みずのえ)」とは、日を10日ごとにまとめて数えるための呼び名である
「十干(じっかん)」のうちのひとつで、陽の気を宿すことを意味し、
「寅」は生命力溢れる春の芽吹きの象徴と言われています。
厳しい冬を乗り越えた先の、華々しい春の訪れのような1年となる…
なんだか素敵な年になりそうで、今から楽しみですね。

***

そんな素敵な1年の主役となる「寅」。
北一硝子にも、個性的な「寅」が揃いました。

干支は、飾ることでその年の家内安全を祈り、福を招く縁起物です。
ガラス製ならインテリアとも合わせやすく、どんなお部屋の雰囲気にもぴったり。

「北一ヴェネツィア美術館ミュージアムショップ」の寅は、華やかな金箔タイプとトラらしい縞模様タイプ。
小ぶりながら存在感があり、四本脚をしっかり広げて立つ姿に力強さを感じます。

高級感のある発色が特徴のこちらの寅は「三号館 和のフロア」で販売中。大きな口で幸運を呼び込みそうです。
寅年生まれの自分へのご褒美ギフトや、寅年生まれの方への贈答品として最適な逸品です。

今にも動き出しそうな、躍動感のある「クリスタル館」の寅。
職人技による緻密な造りが、威厳と風格を感じさせる、手作りならではの味のある作品です。

凛々しい横顔が目を引く、「北一プラザ」の寅は、スウェーデンの王室御用達ガラス工芸作家、マッツ・ジョナサンの作品です。
品よく金で彩られた若虎を是非お手元に。

***

もう一つご紹介したいのが、「三号館 和のフロア」で販売中の「硝子の鏡餅」!
一つ一つ職人が心を込めて製作した、手のひらに乗る可愛らしいサイズの手作り鏡餅です。
セットの「三方(さんぽう)」は素材にもこだわり、北海道産の「クリ材」を使用しております。

***

今年は硝子の置物をお迎えして、晴れやかな1年のスタートを切りませんか?

\商品一覧はこちらから/


通信販売サイト、お電話、メールにてご注文頂けます。



[There are no radio stations in the database]