毎週木曜12時からはミュージアムカフェをお届けしています
伊藤整展

9日の放送では市立小樽文学館で開催されている
「生誕110年 伊藤整展」についてのお話をお聞きしました

ラジオ番組の最後、市立小樽文学館の玉川館長にお聞きしたメッセージが素敵だったので、ここでも紹介させて頂きます
—————————-
市立小樽文学館は
文学資料館として様々な資料を保管・展示しています

それと同時に、様々な物語を残しておく場所 
その物語が、ここに訪れる人と出逢った時

その人の中に、また一つ新しい物語が生まれていく

市立小樽文学館は
新しい物語が、日々生まれる
そんな場所でありたいと思っています。

街にも物語があり
人にも物語がある

物語が無ければ、人間は生きていけないと思うんです

ぜひ一度、文学館にいらしてみて下さい
そこで何が自分の中に生まれるか
一つの物語が生まれたら、その物語を教えてください

市立小樽文学館は
いつでも扉を開いて、待っておりますので