幼稚園児たちによるウェイター・ウェイトレス体験会が12月9日、(旧)岡川薬局で開かれた。
487065_171101249680376_1864550549_n-thumb
毎週木曜日夜に出店している小樽商科大学生が運営するカフェCOLPENがこの日の為に臨時出店、エプロン姿の園児20人が4チームに分かれ、1時間ごとにテーブル拭きやメニュー運びなどのサービス体験を行った。待機時にはコースターやカップケーキ作りに挑戦、完成したケーキをトレイに乗せ、大学生にフォローされながらお客様として席に着く親のもとへ恥ずかしながらも「お待たせ致しました」と運んでいた。

このイベントを企画した小樽キッズサッカークラブ大瀧健太代表(さくら幼稚園主任)は「子供達にいろいろな経験をさせてあげたい、何かをやらずにやりたいと言ってもそれは憧れでしかない、何事も体験し楽しい記憶が残ればやがて自分でやりたい事を見つけられる力になる。」と話す。

参加した園児は「緊張したけど楽しかった、お姉さんに教えて貰いながら作ったカップケーキを家でも作りたい」と母親に嬉しそうに話していた。