「若者と社会との接続」を目的に、若者と大人とが「運河」を題材にして小樽の街づくり、将来についてを話し合う意見交流会が7月18日(月・祝)、小樽商科大学にて開催されました。

小樽商大マジプロ

企画をしたのは小樽商大マジプロの「社会教育の充実チーム」

マジプロとは小樽商科大学の特徴的な科目「地域連携キャリア開発」で、
商大生が小樽の活性化について本気で考えるプロジェクトを、通称「マジプロ」と呼び、2007(平成19)年からスタート、大学生が本気になって実戦形式で学んでいます

小樽商大マジプロ

意見交流会には大学生や社会人、市議会議員や地元高校生も参加し、「若者がもっと小樽に関わるために何が必要か」を話し合い、チームごとに発表を行いました。

若者が活躍する小樽の未来は明るい!!

小樽商大マジプロ