9月1日は防災の日です。
昨年の胆振東部地震から約1か月が経とうとしていますね。

小樽市では、防災の日の前後に防災訓練を行っています。
今年は8月31日(金)に厩町岸壁(手宮1丁目8番)で行われ、FMおたるCONNECT!内で生中継でお伝えしました。

訓練内容は、北海道留萌沖を震源とする推定マグニチュード7.8の地震が発生し、小樽市は震度6を観測したというもの。

全部で33機関が集まり、参加者数は297名。
パトカー・消防車など車両は38台。
船舶11隻にヘリコプター1機。

第一管区海上保安本部による海上漂流者救助訓練や、北電・北ガス・水道局によるライフライン復旧訓練、土砂災害訓練などの他、㈱トヨタレンタリース札幌の電源車(プリウス)の訓練会場への搬送など12の訓練が行われました。

災害はいつ起こるか分かりません。
だからこそ、いつでも的確な行動が出来るように日頃から準備をしておきましょう。

小樽市HPより
災害に備えましょう
(災害発生時の非常持出品や家庭備蓄、災害時の電話についてなど)

小樽市指定避難場所
(大規模災害が起きたときの避難場所および緊急避難場所)

北海道電力HPより
災害に備えて

北海道ガス株式会社(北ガス)HPより
地震の時の対応