2018年3月・4月の推薦曲
原大輔/愛の街・小樽

原大輔

 

・1976年 フォークデュオ「レイラ」でデビュー
・『秋冬』でミリオンヒット
・谷村新司作詞作曲『冬の扉』他多数
・大塚博堂の『めぐり逢い紡いで』の歌い継ぎ
・尾崎紀世彦『また逢う日まで』の歌い継ぎ
・札幌グランド、横浜シェラトン等ディナーショー
・フォーク、歌謡曲、アニメ、演歌、カンツオーネ、シャンソン、クラシック等 幅広く活躍
・東京音楽祭 シルバーカナリア賞
・NHK古賀政男記念音楽祭優秀賞
・松本零士TVアニメ1000年女王の主題歌グランプリ
・三浦友和主演主題歌『遠い明日』
・大鶴義丹主演映画主題歌『時を超えて』
・TV花王劇場主題歌『つらいけど』
・NPO法人障碍者チャリティー、音楽健康療法講演等
・TBS TV朝番組おはよう700、銀座Now等の出演

『愛の街・小樽』は、緑・最上小学校から始まって小中高大と長く小樽に在籍していた三浦バンキ作詞作曲による、
原大輔の魅力を余すことなく表現した珠玉の楽曲。