FMおたる12月のパワープレイ
福原美穂/GRACE
JCBA北海道全局合同企画「ラジオでつなぐ 北海道コミュニティFM全22局スーパープッシュ!」


コープさっぽろ 統合10周年記念CMソング
福原美穂が歌う最新作は、自身を育てた故郷・北海道に想いを向けた曲。
テーマは、『つなぐ』。
●“ゴスペル・フィーリング”をコーラスワークに多分に取り入れたこの楽曲。
エンディングのコーラスには、”道民クワイア”と銘打ち、
全道から集まった216名の同郷・北海道民のみなさまにご参加いただき、共に声を重ねました。
● ジャケットデザインは、福原美穂の友人であり、
Kitaca(JR北海道 ICカード乗車券)のキャラクター“エゾモモンガ”をデザインした、
札幌在住イラストレーター・そら が、2人の同郷である北海道の景色やそこで生きる人々を想い、書き下ろしました。
● B4/ポスターサイズの歌詞カードの裏面には、クワイアのコーラスパートも含めたバンドスコアを付属、
また、C/Wには、通常のカラオケバージョンに加え、クワイアパートを楽しめるようなカラオケバージョンも収録しました。
「ともに歌い、ともに奏でる」、音楽を通して誰かとつながり、一緒に楽しむ、そんな音楽の楽しみ方をお届けできたらと願っています。
● 買物難民増加、少子高齢化社会、環境異変など、広大な北海道で顕在化し始めた
様々な社会不安を解消するため活動を続ける、コープさっぽろ・全道統合10周年記念CM&キャンペーンソング。

■アーティスト情報
福原美穂
北海道出⾝。
15歳の時、地元テレビに出演したことがきっかけで北海道内限定ミニアルバムを2作発表。
道内だけで10,000枚を超える⼤ヒットを記録した。
2008年2⽉に⽇本⼈としてはじめて、⽶・LAの⿊⼈教会にて「奇跡の⼦」と称されるパフォーマンスを披露。
“⿊⼈教会220年の歴史を変えた!”と賞賛を受け、4⽉に「CHANGE」でメジャーデビュー。
2009年1⽉に1stアルバム「RAINBOW」を発売。15万枚の⼤ヒットとなり、オリコン初登場2位をマーク。
翌年2ndアルバム「Music is My Life」を発表し、2作連続オリコンベスト5を記録。
以降も、映画『沈まぬ太陽』や、『悪⼈』の主題歌に抜擢され、さらには、AI、三浦⼤知、和⽥アキ⼦、レオナ・ルイスなど、
錚々たるシンガーとのコラボが次々と実現し、⽇本のソウルミュージックの新しい世代を牽引する存在として、
その地位を確かなものとした。
また、SWEETBOXの6代⽬ボーカリストにアジア⼈として初めて抜擢され、
リリースされたアルバム「#Z21」のタイトル曲「#Z21」がUKダンスチャートで1位を獲得するなど、
世界を⾒据えた活躍が今後も期待される。
2015年12⽉には、2年半ぶりのオリジナル作品『Something New』をリリース。
2016年3⽉4⽇に、第⼀⼦となる⼥児を出産( https://www.facebook.com/
MihoFukuharaOfficial/posts/890621824370393:0 )後、産後8週間の4⽉29⽇に、
Bunkamuraオーチャードホールにてフィルハーモニー・ゴスペルクワイアとの、総勢300名とのシンフォニック・コンサートで復帰。

<関連サイト>
http://fukuharamiho.com/
https://www.facebook.com/MihoFukuharaOfficial/
https://twitter.com/FukuharaMiho
https://www.instagram.com/miho_fukuhara/